カニさばき方コツは?

カニのさばき方食べ方のコツは、まず何よりも怪我に気をつけることです。
カニの種類にもよりますが、カニの甲羅の突起物や爪の先端で手を怪我することは珍しくありません。
また、カニの扱いに慣れていないと、包丁を使ってケガをすることもあります。

カニのさばき方

よく切れるキッチンバサミを使い、カニを切るときは軍手をはめてください。
また、安定したテーブルの上に大きめのまな板を置いてください。
また、切りたいカニの手順を確認しておくことも大切です。
ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニなど、それぞれのカニによって、カニの切り方に違いがあります。
例えば、ズワイガニや毛ガニでは、カニ味噌をこぼさないことが重要ですが、タラバガニのカニ味噌は食べられないので、こぼさないように気をつける必要はありません。
カニの洗い方の大まかな流れは、まず足を全部切り落とします。
次に、まな板の上でカニをひっくり返し、ふんどしと呼ばれる部分を切り取り、胴体を穴から上に向かって縦に半分に切る。
胴体から殻をはがし、食べられないエラ(カニともいう)、目、口を取り除く。
その後、食べ方に応じて、足を関節に切ったり、甲羅に切り込みを入れたり、甲羅の一部を削ったりする。
包丁で殻を削る場合は、怪我をしないように注意する。
手袋を外して、刃が体と平行になるようにナイフを持つのがコツ。
まな板の上に新聞紙を敷いておくと、後始末が楽ですよ~。

カニを食べるのに便利なナイフなどグッズも販売しています。
そういうのを利用するのも良いですね♪